JACK WOLF SKINジャックウルフスキン

  • JACK WOLFSKINの原点

    若き日のウルリッヒ・ダウズィンは、まだ学生であった1981年にドイツ・フランクフルトで前身となるホビットアウトドア用具会社をスタートさせた。そして、旅先のカナダ・ユーコンで狼の遠吠えからインスピレーションを得て、狼の毛皮のようにどのような環境や天候でも快適に過ごせるアウトドアギアを作りたいという思いから、1982年からトレードマークであるPaw(狼の足跡)をロゴとして使い始め、1983年にJACK WOLFSKINというブランド名が生まれた。
    創業当時からより機能性の高いアイテムを出来る限り多くの人々に届けたいと考えていたダウズィンは、数えきれないほどの生地メーカーを訪れた末、日本の生地メーカーと一緒にオリジナルの防水透湿素材であるTexapore(テキサポール)を共同開発することとなった。以来Texaporeは進化し続け、今日でもJack Wolfskinの技術の代名詞でとなっている。
    また、サスティナビリティ(持続可能性)への取り組みもJack Wolfskinのアイデンティティの一部である。80年代から毎シーズン制作されていたカタログの冒頭で、ダウズィンは常に自然の素晴らしさと畏敬の念、そして壊れていく自然環境への憂いを語っていた。機能性とサスティナビリティの両立は常にJack Wolfskinの最も大切にする信条である。

お問い合わせ

「JACK WOLF SKIN」の出展リスト